二回試験対策

二回試験対策で役立った本

私が二回試験対策で使用した本を紹介します。

私は修習生の頃、起案の成績はC前後で、A評価を取ったことは一度もありませんでしたが、二回試験に落ちてから腰を据えて勉強し、受かった年の二回試験は5科目中4科目が優でした。

修習生の頃、A評価を取り続ける裁判官志望の人を見て、「この試験は能力とセンスが必要なんでしょ。自分にはムリムリ。」と思っていたのですが、実はセンスとは関係なく、努力が報われる試験だったようです。

普通の人でも,修習前から腰を据えて準備しておけば,任官や任検を狙えるのかもしれません。

さて、本の紹介に入りますが、新しい版が出ている本は新版を紹介してあります。

<民事裁判>

事例で考える民事事実認定(旧「民事事実認定のしおり」)

教官室が重要な点をまとめてくれているので、読まない手はありません。必読書です。

要件事実の考え方と実務〔第4版〕

正直言って、研修所が配付する「新問題研究要件事実」だけでは二回試験に太刀打ちできません。
私の頃は「紛争類型別の要件事実(改訂版)」があったので、それをベースにして、不足する部分を「要件事実の考え方と実務」で補っていました。

完全講義 民事裁判実務の基礎〔第3版〕(上巻)

いわゆる「大島本」です。持っている人が多いので買いましたが、ほかの本と重複するため、あまり活用しませんでした。

要件事実論30講〔第4版〕

司法試験の頃から使っているので、2,3回は解きました。二回試験対策には良いと思います。

要件事実問題集〔第5版〕

二回試験対策にはオーバースペックですが、最後まで解くと自信が付き、二回試験に対する恐怖が和らぎます。頑張って解きました。

要件事実マニュアル〔第5版〕第1巻 総論・民法1

要件事実マニュアル〔第5版〕第2巻 民法2

辞書的な使い方をしていました。どこの法律事務所にも置いてあります。

ステップアップ民事事実認定〔第2版〕

2回ほど通読しました。

事実認定の考え方と実務〔第2版〕

1回通読しました。

<民事弁護>

8訂民事弁護の手引〔増訂版〕

特にコメントする内容がありません。

クロスレファレンス民事実務講義〔第2版〕

弁護士の書籍ランキングでよく目にする本です。実務家からの評価も高く、おすすめの一冊です。
ちなみに、直前期は小問対策に時間を割く余裕がないので、時間があるうちに知識系の勉強を済ませておくと良いと思います。

解説 弁護士職務基本規程〔第3版〕

弁護士になってからも、倫理研修のたびにこの本を開きます。読んでおいて損はありません。

<刑事裁判>

プラクティス刑事裁判(旧「刑事裁判修習読本」)

必読書です。

実例刑事訴訟法(1)捜査

実例刑事訴訟法(2)公訴の提起・公判

実例刑事訴訟法(3)証拠・裁判・上訴

二回試験と関連があるのは一部のみですが、3冊とも通読しました。


刑事事実認定重要判決50選〔第3版〕(上)

刑事事実認定重要判決50選〔第3版〕(下)

先輩から譲ってもらった「刑事事実認定―裁判例の総合的研究 (上)」「同 (下)」を使っていたのですが、評判が良さそうなのでこちらを購入し、重要そうな部分を拾い読みしました。

<検察>

検察終局処分起案の考え方〔令和元年版〕

個人的には、白表紙の中で最も重要な本だと思います。どんなに実体法の知識を有していても、書き方のルールを知らないと検察起案が書けないからです。

一見無駄に思えますが、写経をすると理解が深まります。

犯罪事実記載の実務 刑法犯〔7訂版〕

公訴事実の書き方を確認するために使用していました。

「二回試験に受かったら、こんな本捨ててやる!」と思っていたのですが、実務に就いてからも、告訴状を作成する際に使っています。

司法試験で使用した刑法の基本書

刑法総論・各論の知識がすっかり抜け落ちていたので、基本書で復習しました。
私が使っていたのは、西田典之先生の「刑法総論〔第3版〕」「刑法各論〔第7版〕」です。
構成要件や定義は、カードを作ってせっせと覚えていました。

<刑事弁護>

刑事弁護講義ノート〔平成29年9月版〕

必読書です。

刑事弁護ビギナーズver.2.1

定番の本です。


以上です。

タイトルとURLをコピーしました